キャンプ場 クルマ

アンビエント蓼科コテージに泊まってみた

By on 2017年11月11日

多くのキャンプ場が今年度の営業終了を迎える季節になりました。

それにしても今年は寒いですね。。

そんな寒波の中、友人家族と蓼科のコテージに泊まってきました。

当初はキャンプの予定だったのですが、寒さにビビってやめました(苦笑)
利用したのはアンビエント蓼科コテージという施設です。キャンプ場ではなく、コテージ型のホテル(?)ですね。キャンプ道具は何もいりません。

このエリアを訪れるときは毎回ビーナスラインを楽しむようにしています。
 

今回も諏訪インターから山道を通って霧ヶ峰をまわり、ビーナスラインを堪能しながら女神湖へ向いました。

この時期になると霧ヶ峰高原はあたり一面茶色。どことなく荒涼とした感もある景色ですが、夏とはまた違った趣があります。スキー場のオープンも近そうです。


 

しっかし・・・さっっっむい。

車の気温計をみると外は氷点下。。
そりゃあ寒いですな。

蓼科に近づくにしたがって、雨も雪に変わり、コテージにチェックインする頃にはなんと雪本降り。テント泊だったらヤバかった(苦笑)

アンビエント蓼科コテージに来るのは初めてなのですが、どうやらオーナーが居る別荘をホテルが貸し出して運用しているみたいですね。コテージ内にオーナー用のキャビネットが設置されていました。

コテージはバス・トイレ・大型石油ストーブ、食器、寝具などなど、なんでも揃って至れり尽くせり。キャンプとかアウトドアとか、そういう感じはまったくないです、やっぱり。和室とかあるし。しかも2部屋(笑)

コテージは超快適で、冬の蓼科を楽しむには最高の設備ですが、さらに高ポイントなのはその価格。オフィシャルサイトで素泊まりを申し込むとかなり安くあがります。子連れで人数が多い人には最適かも。PICAのコテージの半額程度ですから。

近隣にはいくつかこじんまりとしたスキー場があるので、子連れスキー旅行の拠点としてもいいかもしれません。

価格、立地、品質を考えると非常にいいところでした。

↓翌朝は晴れました!気温はマイナス3度だけど…

 

たまには手抜きコテージ泊もいいよね

TAGS
RELATED POSTS

LEAVE A COMMENT

nomazz
Tokyo, Japan

焚き火とドライブを愛するファミリーキャンパーです。週末になると愛車ジープレネゲードでアウトドア遊びに出かけます。

Profile続き

最近ハマっている遊び
- フィールドアーチェリー
- 焚き火
- 料理と観光をやらないごろ寝キャンプ
- 子供とスキー
- フリーラインスケート

次にやってみたい遊び
- スノーシュー
- シーカヤック
- 薪ストーブを使った冬キャンプ

近頃ご無沙汰なので再開したい遊び
- スキューバダイビング
- SUP
- ボルダリング
- MTB
- バイクツーリング
- オフロードバイク

このブログでは、キャンプやアウトドアスポーツをやってみたいと思っている人や、小さな子供連れのファミリー向けに記事を書いています。これから初めるきっかけになったり、お出かけするひと押しになれば嬉しいですね。

記事を検索
Social Widget
カテゴリー
写真/画像について
使用している画像の大半は私が撮影したものですが、一部私がライセンスを所有するShutterstockという画像サービスのものも含まれています。すべての画像は著作権対象となりますので、無断使用はご遠慮願います。